〈アメリカで妊娠〉出産記1入院予定日に破水!!

1月14日に無事アメリカの病院で男の子を出産しました👶 アメリカでの出産は想像以上にとにかく突っ込みどころ満載でした😂 ということで、アメリカンな出産記を紹介します!!アメリカで出産される方の参考になれば幸いです✨

入院予定当日に破水!

日本式、アメリカ式のありとあらゆるジンクスを試したのですが、我が子はなかなか産まれる気配がなく・・39週の検診でもし予定日が過ぎたら計画分娩にしてもいいかもとドクターに提案されました。私も早く産みたかったので、予定日の次の日に入院して、次の日に出産する予定で病院の予約を取りました。なので、しばらく産まれないことが分かったので、予定日は主人がずっと行きたがっていた映画のスタジオツアーに出かけました(笑)さらに次の日の夜に入院が決まっていたので、どうせ寝れないと思い夜更かしをして昼まで寝ることにしました。

入院予定日の朝8時🌞 いつものように尿意を催し、トイレへ。なぜかこの日は停電になっていて、暗闇の中トイレしてました(笑)そして、ブレイカーをあげたけど、電気がつかないので、主人を起こし、再度ブレイカーを見てもらいました。恐らくマンションが停電になっているだろうということで、また寝ることに・・その時!!ん????なんか今一瞬漏れた気がする・・主人に『なんか破水したかも・・』と言いつつ、『とりあえず寝るか』という意味不明の思考に走り、寝ようとする私(笑)すると主人が寝ぼけながらも「破水してものんびりしてていいん?」と言われ、破水したら急いで病院へという情報を思い出し、とりあえずトイレに行ってみることに。

再度暗闇のトイレへ!一応携帯のライトで尿を確認するとおしるしらしい出血が!!!!ちょろっと出て以降特に何も出てなかったのですが、片っ端から体験談を読んでいた私は直感で破水だと確認!一応旦那に赤ちゃんの心拍確認をしてもらいました。

事前情報のおかげでここから超冷静に行動することができました🙆 まず、旦那を起こして、シャワーを浴びてもらいました。(私は破水していたので、感染するといけないので、シャワーは浴びれません。)次に、誘発剤を使ってからは何も食べられないらしいという情報から、お米を炊いておにぎりを作りました。旦那のご飯にもなると思ったので、多めに作りました。他には、軽めに化粧をしました。日本だとすっぴんでくるように言われると思うのですが、アメリカではバッチリメイクの人も珍しくないとのことで、せめて眉毛だけはと軽く化粧をしました。あとは事前に用意していた荷物に最終準備品を足して、着替えていざ出陣!!

病院到着!!

10時頃、家から病院までは車で15分くらいなので、あっという間に病院に到着。緊急の時はエントランス前に車を停めてもいいらしいのですが、私は陣痛もなく、寝不足以外は至って元気だったので、普通の駐車場に車を停めて歩いて産婦人科まで向かいました。ちなみにこの日の空がとっても綺麗だったので、1枚パシャり📷 待ちくたびれたのか意外と冷静な自分にびっくりです😲 笑

IMG_2413

受付に行って、破水したことを伝え、保険証をIDを提出。色々と書類と書かされるものだと覚悟していたら、特に記入させられることもなくチェックイン完了!入院予定だったからかな?そのあと待合室で待っていると看護師さんが現れて、体重を測って、11時頃トリアージルームへ移動。ここで入院か一旦帰宅か確認されます。まずは尿検査。そのあと、ベットに横たわるとお腹に2つ器具をつけられました。1つは赤ちゃんの心拍を確認するもの。1つは陣痛の波を確認するものです。さらにバーコードのついたバンドをつけられました。このバーコードによって、薬などの管理が退院まで行われました。

そのあと、看護師さんが現れて、一通り問診。そして、今から破水しているか確認するわねと言われて、透明の銃のようなものを取り出し、膣の中へブサ!!そして、リトマス紙?で確認すると、「ブルーね」と言われ、銃を抜くと、ドバーーーーと膣から水が溢れ出し、完全に破水したと自分でも分かりました🙆

そして、はじめましてのドクター登場!アジア系の女医さんでした。看護士さんと同じような問診を再度。アメリカには伝達というものがないのかというくらいいつも人が変わる度に同じ質問をされます・・💦 おかげで無駄に病気の英語を覚えました・・でも雰囲気はいい感じの女医さんで安心!と思いきや、、実はこの女医さんのせいで2回も苦しむことに・・

なぜかそのあと、血液検査の人が2人も来て、2回も血液を抜かれました・・そして、ここからが個室の移動までがめっちゃ長い!!多分2時間近くトリアージルームのベットに寝かされていた気がする😱 しかも、隣の黒人家族が超賑やかで、超うるさくて寝るにも寝れない状況(笑)さらに辛かったのが、銃で破水させられてからずっとチョロチョロと羊水が出てたので、下にひいてあった防水マットがビショビショ💦 その上にずっと寝かされているので、気持ち悪くて、マットを変えて欲しいのになかなか看護師が現れないというとてつもなく辛い状況が続きました・・ちなみに看護師さんたちはトリアージルームでランチを食べてました(笑)さすがアメリカ🇺🇸 なので、私と主人も持ってきたおにぎりでとりあえず腹ごしらえ。このあと私は何も食べられなくなるので、ここで食べておいて正解でした🙆

体験記2へ続く・・

⬇︎アメリカでの育児奮闘記公開中⬇︎

応援ありがとうございます!ブログ存続の為に広告ポチッと1クリック応援お願いします⬇︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする